予防歯科

 

予防歯科と噛むこと

 噛むという行為は、全身の健康とかかわりがあります。
 例えば肥満防止。よく噛んで食事をすると、唾液が大量に分泌されます。それにともない、血糖値が上がって空腹感がなくなり、少ない食事量で満足感が得られるのです。
 また、歯周病などで歯がグラグラして食べ物がよく噛めないと、栄養の偏りから、糖尿病などの病気も悪化します。反対に、肥満や糖尿病などの病気のある人は、歯周病が治りづらいこともわかってきました。生活習慣病と歯の病気は悪循環を生むわけです。
 さらに、噛むことは脳を刺激することにも通じます。咀嚼は脳からの指令で行われ、噛んだ刺激はまた脳に戻り、脳を活性化します。
 普段、咀嚼は無意識に行われていますが、反射的な行為ではなく、学習を通じて覚えた意識行動です。だから赤ちゃんのころからしっかり教えることが大切です。

 

唾液と口腔内環境

 唾液はよく噛むことによって多く分泌されます。口を閉じているときでも出ているのですが、噛むことによって質のいい唾液が10~12倍も分泌されるのです。それらをあわせると、唾液分泌は1日平均で1~1.5リットルにもなります。
 この唾液が、食べ物の消化を助けることは、ご存知の方も多いでしょう。それだけではなく、実に広い作用があります。
 例えば抗菌作用。小さな傷ができたときなど、なめることがありますよね。これは菌を抑える働きを期待してのことです。傷を化膿させるような菌の発育を抑える物質が、唾液のなかに含まれているのです。
 また口の中の環境を、むし歯ができにくくする働きもあります。
 むし歯は、ミュータンス菌などの原因菌がつくる酸が、歯の表面を覆うエナメル質の内部から、ミネラルを溶かしだすことでできるのです。唾液はこの溶け出しを抑え、ミネラルを戻す働きをします。

 

フッ素について

 フッ素を歯につけるとむし歯になりにくくなるといわれています。ではフッ素とは何なのでしょうか?また、フッ素が歯を強くするとはどういうことなのでしょうか。
 

◎生態系におけるフッ素

フッ素はその強い反応性から、自然の状態では単体で存在しません。ですから何らかの物質とくっついて、安定した化合物として存在しています。フッ素は特別な物質ではなく自然界のたくさんのもの(空気、雨、土壌、水道水、動植物組織など)に含まれています。
 

◎フッ素のはたらき

歯とフッ素はどのような関わりがあるのでしょうか。人の歯の表面は、エナメル質でおおわれています。エナメル質は人体の中でもっともかたいところですが、むし歯になると溶けてしまいます。フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強い(溶けにくい)物質に変えることができます。
また成熟していない形成期の歯に対しては、より結晶性の高いハイドロキシアパタイトを生成して強い歯をつくります。ほかにも自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることが出来ます。
 

◎フッ素の安全性

私たちはフッ素を食べ物や飲み物などから自然に少しずつ体内に取り込んでいます。フッ素は特別な薬品ではありませんので、大量に使用しなければ体に悪影響を及ぼしません。
 

フッ素を塗ったからといってむし歯にならないというわけではありません。
フッ素は予防手段の一つにすぎません。むし歯予防の基本は食生活、生活習慣に気をつけることです。

 

むし歯の進行

 痛み出したら手遅れです。むし歯は少しずつ歯を溶かし、進行を早めていきます。「あれ?」と思ったら来院して下さい。
 

むし歯は程度によって4段階に分けられています。

1、C1(う蝕第一度)

4-1.jpg歯の表明をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。

 

2、C2(う蝕第二度)

4-2.jpg象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。

 

3、C3(う蝕第三度)

4-3.jpgむし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した深在性う蝕です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

 

4、C4(う蝕第四度)

4-4.jpg歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。

 

C1の状態であれば歯科医院と協力して痛い思いせずに治すこともできますが、むし歯は放っておいて治るものではありません。また、歯が溶けてなくなってしまうというだけでなく、もっとおそろしい病気を引き起こす原因になります。

 

むし歯の原因

 むし歯は、歯の病気の代表的な存在です。むし歯がどういうものかは、ほとんどの人が大まかに知っていることでしょう。
むし歯とはなにか、またその原因について簡単に復習しましょう。
 

◎むし歯ってなに?

むし歯は細菌が出す酸によって歯の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へと進行します。このころのなると歯が痛みだします。
また、象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、どんどん溶けていきます。
むし歯とは口の中の細菌が出す酸が歯を溶かしてしまうおそろしい病変のことです。
 

◎むし歯ができるしくみ

1、たべものを食べる。
2、たべものの残りカスが歯に付着する。
3、残りカスの中にある糖分を口の中の細菌が分解し、歯垢をつくる。
4、歯垢が酸を産生し、この酸がエナメル質を溶かす。
 

むし歯は本人には見えにくい場所に知らないうちにできてしまうものです。
予防のために毎食後の歯みがきをしましょう。

 

↑ページトップへ