入れ歯

 当院は開院して25年経っていますので、開院当時の患者さんもそれなりの年齢になっています。ですから特に入れ歯治療には力を入れております。
 ご自分のお口に合った入れ歯をお作りしたいという思いで、当院では5つの歯科技工所にお願いしております。治療によっては歯科技工士さんが治療に立ち会い、色や調整のチェックをお願いし、お口に合った快適な入れ歯をお作りしております。
 入れ歯は、保険治療と自費診療がございます。当院では、どちらの治療も行っております。入れ歯のケースによっては、自費治療によるものの方がいい物が出来るという事があります。費用もかさみますが、それなりにメリットもございます。しかし、やみくもにいいものがいいというのではなく、その人にとって最善の入れ歯を選ぶ事が大事で、ケースバイケースで考えております。入れ歯で悩んでいた人が、少しいい物を入れる事で、悩みがなくなるというケースもございますので、お気軽にご相談下さい。

 

金属床義歯

 義歯のうち、床を金属でつくったものが「金属床義歯」です。金属は、その性質から、薄くしかも歯肉のでこぼこにピッタリ適合するようにつくることができるので、口の中での違和感があまりない安定した良い義歯をつくることができ、熱を良く伝え、味覚があまり損なわれません。

 

チタン床義歯

 チタン床義歯は、生体親和性に優れ、金属イオンが溶出しない、金属アレルギーの心配が非常に少ないという特色があり、味覚の変化が起こらない、金属味がほとんどなく、また適度な熱伝導性から義歯を使用していないときに似た食物の暖かさや冷たさを感じることが出来ます。また、軽量かつ丈夫であり、一般的に義歯に用いられる金合金の約4分の1と軽いのが特徴。重い義歯から患者さんを解放します義歯といえます。

 

ノンクラスプ スマイルデンチャー

 バネが見えないということで審美性も高いということがフレキサイト義歯の特徴。生体親和性に優れていて、比重が軽いため装着感が非常によい。

 

トルティシュデンチャー(唾液透過性金属床)

 食べ物の味を味わいたい。唾液の量が少なく唾液を感じたい。口腔乾燥症の患者さんのための入れ歯を作っております。金属床義歯ですが、素材にメシュを使用し、水分を通しやすくなっており食物の味を従来の義歯以上に感じることができます。

 

その他

8-1.jpg唾液の少ない人のために中央に穴があいています。

 

8-2.jpg上下総入れ歯ですが、上のみ装着して奥歯の部分が直接下あごにふれます。意識レベルの低い患者さんの摂食機能訓練のための義歯。

 

↑ページトップへ