一般歯科

1-1.jpg 歯の悩みをもってご来院されますが、一番お困りの部分の治療を行うとともに、お口の中全体を診査して、他に問題があればその部分のご説明をして、同意をいただけましたらその部分の歯科治療を進めております。

 

 

治療の流れ


◎予診

来院の理由と健康状態を問診表に書いていただきます。
 

◎診 査

問診表を見させていただき、主訴についてお聞きします。
 

◎カウンセリング

全身管理の上での歯科治療を心がけていますので、各種検査、レントゲン等を行い、症状を確認し、診断します。
患者さまが悩みがある歯に対して治療計画をお話しすると同時に、歯周病の検査もいたします。
 

◎治療

主訴の歯の治療後、同意された他の歯の治療を引き続き行います。
 

◎定期検診

治療のあと、歯のメインテナンスが歯の健康にはとても大切です。
定期的検診を受けていただくことをお勧めしています。

 

定期検診の重要性

 口の中は、自分ではなかなか見づらい所です。鏡で見ても見えている所はごくわずかで、ほとんどが見えません。また見えたとしても初期のむし歯などを見つけだすのは難しいでしょう。
こうしたことから自己チェックには限界がありますので歯科医院で定期的に検診をうけましよう。

定期検診ですること

1、むし歯や歯周病がないかを検査・治療
2、歯に付いた歯石の除去
3、歯みがきで不十分なところを指摘し、ブラッシング指導を行う
4、フッ素塗布によるむし歯予防
5、歯に関する相談など
 

1-2.jpg定期検診をすると・・・

定期検診をすることによってむし歯を早期に発見でき、早期に治療が行えます。むし歯の早期発見、早期治療は、患者さんの肉体的、時間的、金銭的な負担を軽くします。
歯石や歯垢を一度取っていただいた方はわかると思いますが、取った後の歯は見違えるようにきれいで爽快な気分になれます。美容院や床屋さんにいって髪の手入れをするのと同じように自分の歯にもう少し気を使ってみてください。
 

定期検診を受ける時期

定期検診を受ける時期というのは、一般的には決まっていませんが、大人で年1~2回位、子供で年2~3回位受けるのが理想です。

 

歯のはたらき

歯にはいろいろな役割があります。たとえば、

1、たべものをかむ

歯の一番重要な役割です。かむことが出来ないと、たべものの栄養がとれなくなり病気になってしまいます。よい歯でよくかむことが健康の第一歩です。

2、発音を助ける

歯にも唇や舌と同じように発音を助ける役割があります。

3、顔の形を整える

子供の時にむし歯が多かったり、歯並びが悪かったりすると大人になってからの顔の形に悪い影響を影響を与えます。きれいな歯は、人に良い印象を与えます。

4、健康を助ける

歯が悪いと頭が痛くなったり、姿勢が悪くなったりするほかにいろいろな害があります。早期治療を心がけましょう。

 

↑ページトップへ